最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

みつきの雪 (文学の扉)

  • 98 読みたい
  • 10 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download みつきの雪 (文学の扉) 本 Epub や Pdf 無料, みつきの雪 (文学の扉), オンラインで書籍をダウンロードする みつきの雪 (文学の扉) 無料で, 本の無料読書 みつきの雪 (文学の扉)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 みつきの雪 (文学の扉) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  眞島めいり
    • レーベル:  文学の扉
    • シリーズ名:  みつきの雪
    • 発売日:  2020年01月31日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000066512
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    信州の村にすむ小学五年生の少女・満希は、都会からの山村留学生、行人と気の合う友人へとなっていく。

    やがてふたりは同じ高校に進んだが、満希は地元で農家を継ぐことになり、行人は遠くの医大への進学を希望していた。

    卒業式前日、中学時代にふたりで訪れた村の図書館で、行人は山村留学を選んだ理由を初めて語り始める。「第21回ちゅうでん児童文学賞」大賞受賞作品。(選考委員:斉藤洋、富安陽子、鷲田清一の各氏)


    ひとつひとつのエピソードが、時間のはなれた前後のエピソードと有機的につながっているからでしょう。そのつなげ方が、この作家はうまいのです。──斉藤 洋


    よく磨かれた丁寧な言葉で紡がれた美しい物語でした。だから、言葉と言葉が響き合い読む人の心を震わせます。 ──富安陽子


     「力のこもる指先の爪が白く変わっていく」。この表現に心底、ふるえた。─中略─

    著者のそういう筆致は、もはや児童文学という枠を突き抜けていると思う。──鷲田清一

あなたも好きかもしれません

みつきの雪 (文学の扉) by none ダウンロード PDF EPUB F2