最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)

  • 8 読みたい
  • 60 現在読んでいるもの

発行元 仲正昌樹 .

    Download 「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「不自由」論 ――「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  仲正昌樹
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2014年02月28日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591205466380
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    グローバル化の進展につれて「自己決定」が求められる時代。その背景には、人間は「自由な主体」であるという考え方がある。しかし「自由な主体」同士の合意によって社会がつくられるという西欧近代の考えは、ほころび始めてきている。「自由な主体」という人間観は、どう形成されたのか? 近代社会の前提を問い直す。

あなたも好きかもしれません

「不自由」論 ーー「何でも自己決定」の限界 (ちくま新書) by 仲正昌樹 ダウンロード PDF EPUB F2