最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言―

  • 43 読みたい
  • 34 現在読んでいるもの

発行元 大川隆法 .

    Download 大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言― 本 Epub や Pdf 無料, 大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言―, オンラインで書籍をダウンロードする 大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言― 無料で, 本の無料読書 大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言―オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 大恐慌時代を生き抜く知恵 ―松下幸之助の霊言― 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大川隆法
    • シリーズ名:  大恐慌時代を生き抜く知恵 ー松下幸之助の霊言ー
    • 発売日:  2020年05月15日
    • 出版社:  幸福の科学出版
    • 商品番号:  4910000081839
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    自分たちの仕事は、自分たちで守り抜け。

    いま、必要なのは知恵であり、

    法律による強制力ではない。


    政府がなんとかしてくれると

    思っている人は生き残れない!

    あなたと家族を、会社を、

    そして日本を守るために。

    幾度の試練をくぐり抜けた

    「経営の神様」から緊急提言。


    〇現在の政府の対応は、基本的な経済インフラを

     人為的に破壊してしまっている

    〇コロナ危機は最低でも2年、

     最長5年を想定していままでの発想を変えよ

    〇今後は日本国内で経済を回していく舵取りを

    〇食料自給率を6~7割まであげる必要がある

    〇日本が急速復興の模範例となれたら世界を助けられる

    〇コロナに対する恐怖心で、未来社会をつぶすなかれ


    ■■ 松下幸之助の人物紹介 ■■

    1894~1989年。実業家。和歌山県生まれ。9歳で小学校を中退し、大阪に奉公に出る。大阪電灯(現・関西電力)勤務を経て、1918年に松下電気器具製作所を創業。自転車用ランプやラジオ等を開発して事業を拡張し、35年、松下電器産業(現・パナソニック)に改組する。事業部制、連盟店制度など独自の経営方法を導入し、「経営の神様」と呼ばれた。また、PHP研究所や松下政経塾を設立するなど、思想啓蒙運動にも尽力した。

あなたも好きかもしれません

大恐慌時代を生き抜く知恵 ー松下幸之助の霊言ー by 大川隆法 ダウンロード PDF EPUB F2