最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

数学の大統一に挑む (文春e-book)

  • 90 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 ローレンス・クラウス .

    Download 数学の大統一に挑む (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 数学の大統一に挑む (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 数学の大統一に挑む (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 数学の大統一に挑む (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 数学の大統一に挑む (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  エドワード・フレンケル
    • 訳者:  青木 薫・訳
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2015年07月24日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000002570
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    xのn乗 + yのn乗 = zのn乗上の方程式でnが3以上の自然数の場合、これを満たす解はない。私はこれについての真に驚くべき証明を知っているが、ここには余白が少なすぎて記せない。17世紀の学者フェルマーが書き残したこの一見簡単そうな「フェルマーの予想」を証明するために360年にわたって様々な数学者が苦悩した。360年後にイギリスのワイルズがこれを証明するが、その証明の方法は、谷村・志村予想というまったく別の数学の予想を証明すれば、フェルマーの最終定理を証明することになるというものだった。私たちのなじみの深いいわゆる方程式や幾何学とはまったく別の数学が数学の世界にはあり、それは、「ブレード群」「調和解析」「ガロア群」「リーマン面」「量子物理学」などそれぞれ別の体系を樹立している。しかし、「モジュラー」という奇妙な数学の一予想を証明することが、「フェルマーの予想」を証明することになるように、異なる数学の間の架け橋を見つけようとする一群の数学者がいた。それがフランスの数学者によって始められたラングランス・プログラムである。この本は、80年代から今日まで、このラングランス・プログラムをひっぱってきたロシア生まれの数学者が、その美しい数学の架け橋を、とびきり魅力的な語り口で自分の人生の物語と重ね合わせながら、書いたノンフィクションである。

あなたも好きかもしれません

数学の大統一に挑む (文春e-book) by ローレンス・クラウス ダウンロード PDF EPUB F2