最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫)

  • 51 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 今西錦司 .

    Download 森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  河合雅雄
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  森林がサルを生んだ 原罪の自然誌
    • 発売日:  2019年10月11日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000063068
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    霊長類は、食物が豊富な森林という楽園で、進化してきた。この生態的背景が、元来は植物食であった霊長類に、肉食獣的性質をも内包するという、二面性を持たせた。この傾向を強くおし進めたのが人類で、草食獣的性質が善の範疇に入る徳性を生み出し、肉食獣的性質が悪の範疇に入る行動を創造することになった。森林を舞台に進化した霊長類ゆえ、人間がサルから背負ってきた悪の原罪とは? 人間、この不思議な生物の進化の源流!

あなたも好きかもしれません

森林がサルを生んだ 原罪の自然誌 (講談社文庫) by 今西錦司 ダウンロード PDF EPUB F2