最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語

  • 55 読みたい
  • 85 現在読んでいるもの

発行元 杉山春 .

    Download 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 本 Epub や Pdf 無料, 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語, オンラインで書籍をダウンロードする 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 無料で, 本の無料読書 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松永正訓
    • シリーズ名:  運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語
    • 発売日:  2014年08月01日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322734870001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    出生前診断に一石を投じる小児外科医の記録。第20回小学館ノンフィクション大賞大賞受賞作。


    人間の生命は、両親から一本ずつ染色体を受け継ぎ誕生しますが、染色体が三本に増えている病気がトリソミーです。異常のある染色体の番号によって、「13トリソミー」「18トリソミー」「21トリソミー(別称・ダウン症)」などがあります。13トリソミーの赤ちゃんは、心臓の奇形や脳の発達障害があるため、半数が1か月ほどで、ほとんどが1歳までに死亡します。本書は、小児外科医である著者が「地元の主治医として13トリソミーの赤ちゃんの面倒をみてほしい」と近隣の総合病院から依頼され、朝陽(あさひ)君とその両親に出会うところから始まります。朝陽君の両親は我が子を受け容れ、自宅へ連れて帰り愛情を注ぎます。そして障害児を授かったことの意味を懸命に探ります。著者は朝陽君の自宅へ訪問をくり返し、家族と対話を重ねていきます。また、その他の重度障害児の家庭にも訪れて、「障害児を受容する」とはどういうことなのかを考えていきます。やがて朝陽君の母親は、朝陽君が「家族にとっての幸福の意味」を教えてくれる運命の子であることに気付きます。出生前診断の是非が問われる中、「命を選ぼうとする考え方」に本著は大きな一石を投じます。

あなたも好きかもしれません

運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語 by 杉山春 ダウンロード PDF EPUB F2