最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書)

  • 12 読みたい
  • 82 現在読んでいるもの

発行元 鷲田清一 .

    Download 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書) 本 Epub や Pdf 無料, 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書), オンラインで書籍をダウンロードする 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書) 無料で, 本の無料読書 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  坂井律子
    • レーベル:  岩波新書
    • シリーズ名:  岩波新書
    • 発売日:  2019年06月27日
    • 出版社:  岩波書店
    • 商品番号:  4106257020001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    “絶体絶命”の状況を、人はいかに生きうるのか。突然の膵臓がん宣告、生きるための治療の選択、何を食べればいいのか、術後の戸惑い、届かぬ患者の声、死の恐怖……。患者となって初めて実感した〈いのち〉の問題を、赤裸々に真摯に哲学する。「がん時代」を生きる人へ、そして未来に向けて書き遺された、いのちをめぐる提言。

あなたも好きかもしれません

〈いのち〉とがん 患者となって考えたこと (岩波新書) by 鷲田清一 ダウンロード PDF EPUB F2