最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

  • 33 読みたい
  • 23 現在読んでいるもの

発行元 講談社デジタル .

    Download 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 御手洗潔の挨拶 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  島田荘司
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  御手洗潔
    • 発売日:  2014年10月31日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000018820
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    嵐の夜、マンションの11階から姿を消した男が、13分後、走る電車に飛びこんで死ぬ。しかし全力疾走しても辿りつけない距離で、その首には絞殺の痕もついていた。男は殺されるために謎の移動をしたのか? 奇想天外にして巧妙なトリックを秘めた4つの事件に名探偵・御手洗潔が挑む短編集第1弾。

    [作者のコメント]
    トリックのアイディアがまとまって降ってくる時期があり、拾い集めてメモのリストを作り、良いアイディアから順に作品化していきました。この頃の御手洗もの短編は、すべてその流れで、だから迷いが全然なくて、勢いがあるかもしれません。

    [営業担当T コメント]
    収録されている4つの短編、『数字錠』『疾走する死者』『紫電改研究保存会』『ギリシャの犬』のすべてが面白く、心に残る極上の短編集です。特に『数字錠』は御手洗と少年の交流を描いたクリスマス・ストーリーで、泣けます。ファンの人気もとても高い短編です。ちなみに『疾走する死者』は御手洗潔シリーズ以外の島田先生の作品に登場する人物が何人も出てきたり、『異邦の騎士』とリンクするシーンが描かれたりして、島田先生の熱心なファンならばニヤリとなること受け合いです。
あなたも好きかもしれません

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫) by 講談社デジタル ダウンロード PDF EPUB F2